O邸

DSC_6142

築82年 リボーン町家。〜子育て世帯編〜

昭和初期の町家を、若夫婦が住まう住宅としてリノベーション。外観はほぼそのまま残しながら、中はスケルトンにして大幅に改装。

元々、1階は細々と分かれた和室数部屋で構成されていましたが、その間取りを取り払って、開放感あるリビングにしました。

奥様からの唯一のリクエスト「料理しながら子どもに目が届くように」というお声に応えるため対面キッチンに。リビングと続きにある縁側部分はテラスになっています。夏はここで七里バーベキューをして楽しんでいらしゃるそう。

とても状態の良い町家だったので、寝室などがある2階部分は畳を入れ替えたり、障子を張り替えたりした程度の最小限の改築に留めてあります。建具などもそのまま利用させていただきました。

ランプシェードや襖紙、引き手など、施主のこだわりが随所に感じられます。完成後も、庭にタイルを敷いたりと、家づくりを楽しんでいただいたようで嬉しいです。

O家外観

改修後の外観。

DSC_6198

玄関まわり。

DSC_6088

2階の和室は天井、建具ともに、ほぼそのまま活用。

DSC_6241

唐紙は京都「紙添え」さん、引き手は上出長右衛門釜。

改修前の様子

IMG_0968

改修前の外観。外観は外壁を塗り直した程度。

IMG_0964

改修前の一階の様子。部屋が細かく分かれていて、暗い印象。

プロジェクト名:O邸

用途:住宅

規模:118平米(のべ面積)

完成時期:2014年12月

所在地:石川県金沢市

2016.06.28

# NEWS